人は痩せられる。

と、思う。たぶん、きっと。がんばる。

汗水たらしただけなのに 絶賛後悔中

先日のこと、まだまだ自粛していただいてもこちらとしては何の問題もなかったスポーツジムが営業再開!

せっかく勇気を出して契約したんだし、受付の女子大生にも会えるし、まぁちょっくらあいさつがてら顔出しに行ってみるか。

と、馴染みのスナックに行く生活保護受給者みたいな感覚で顔を出したものの、

女子大生はおろか、意識高い系丸の内OLもおらず、いたのは意識他界系のジジババばかり。

はたしてそれは健康的なのか寿命を縮めに来ているのかよくわかりませんけど、

ともかく年齢層だけは場末のスナックみたいなスポーツジムにて小1時間、

汗水鼻水入り混じったなんらかの体液をたらして、筋トレなんかさせやがって!こんな店2度とくるか!

と言ったか言わずか多分言わずにびちょびちょのまま帰ってまいりました。

※シャワールームは並んでたので使いませんでした。

 

それから数日。あの恐怖が僕にもついにやってきました。

汗水たらしただけなのに。

 

ここからはお友達の三代目J SOUL BROTHERSに聞いた話なんですけどね。

例えば、

お付き合いするにしてはどうしようもないほど面倒なブスなんだけど、

お突き合いするだけなら最高にエロいカラダだしまぁいいか。

みたいな地下アイドルがいたとするじゃないですか。

僕はよくわかりませんけど、お友達の三代目J SOUL BROTHERSに聞いた話ですよ。

 

まぁそんな素晴らしい地下アイドルと大人の契(ちぎり)というか絆(きずな)というかなんというか、セックスしてからしばらく経ったあとに

 

地下ドル「ちょっと話聞いて欲しいんだけど会ってくれる?」

検索結果

ウェブ検索結

なんて連絡が来て、会ったらどうせ

 

地下ドル「私のこと好き?ねぇ、ちゃんと考えてくれてる?」

 

とか言い出す面倒なお前には、正直微塵も興味がねぇ。

と思うと同時に、ただしあの乳首責めとその後の性技は実に正義である!

ウム。 と天秤にかけた結果、

 

三代目J SOUL BROTHERS「こっち来られんの?木曜は?」

 

ブスの地下アイドル相手に貴重な週末を使うわけもなく、かと言って週の前半はちょっとかったるいし、というわけで一番便利な木曜日の夜になるわけだけど。

まぁ会ったら会ったでご飯くらいは奢るからレストランをリザーブ。

でもそのレストランも他の狙ってる女とのデートで使えるかどうかの下見であって。

 

地下ドル「ステキなお店だねー、ねぇこれも注文しちゃおうか、ウフフ。」

 

とか言ってないで、まず前歯についたパセリと、あごにはねてるトマトソースをどうにかしろよブス。

と思っていたところ、今度は急に真面目な顔をして

 

地下ドル「あのね、聞いて欲しい話っていうのは…。」

 

ハイ!来ましたー。

急に悲劇のヒロインづらですよ。なんなのそれ、どうでもいいよ。

でも、でも、このどうでもいい話の先にはあの乳首責めとめくるめく性技、もとい正義が待っているから。。。などと2時間先のことを考えている刹那、

 

地下ドル「実はね、アレが遅れてるの。」

 

とか言われちゃってね。

なんども言いますけど、お友達の三代目J SOUL BROTHERSから聞いた話ですよ。

 

まぁ言われちゃったからには途端にこっちも懇切丁寧、安心安全な対応に打って変わって、

あごにソース付いてるよ。とか言いながらやさしくそっとナプキンを差し出したりして、

まぁそのナプキンがいらないから今問題になってるんですけど。

ナプキン違いですけど。

 

三代目J SOUL BROTHERS「んっ?なに?何のこと?」

 

地下ドル「だから、あれ以来全然来ないの…。」

 

三代目J SOUL BROTHERS「え?あ、あれ?ランドセル?伊達直人から?」

 

みたいなね。

そんなわけないんだけどね。聞いた話ですよ。

 

まぁとにかく

ついにと言うか、やっとと言うべきか。

スポーツジムに行ってから数日、僕のカラダにも遅れてやって参りました!

筋肉痛が。

 

そこにあったのか筋肉よ。ひさしぶりだな!

Copyright ©人は痩せられる。 All rights reserved.

免責事項・プライバシーポリシー